新築一戸建てを資産価値を考慮して購入するには

新築一戸建てを資産価値を考慮して購入するには

新築一戸建ての資産価値を考慮して購入するには、土地の評価を知っておくことが必要です。

一戸建てを購入する際に、まずは予算を決める人が多いと思いますが、土地・建物それぞれにどのくらい比重をおくのかという点が重要です。

建物は年数が経過するにつれて価値が下がっていきますが、土地はその場所によって価値が上がることもあります。

どのくらいの期間入居するかにもよりますが、戸建てを購入するからには、長く住む方の方が多いでしょう。

よって、長く住み続け、また資産として残したいと考えているのならば、土地にやや比重をおいても良いのかもしれません。

建物はローコスト住宅から大手ハウスメーカーが建設するものまで様々で、建物の費用が1000万円以上異なることもあります。

建売の場合は、土地・建物の価格を合わせた価格表示になっているため、一見価値の判断がしにくいですが、土地の相場や建設会社等の情報を詳細に知ることができれば、本当の価値が見えてきます。

新築一戸建ての購入において資産価値を考慮している方は以上のことをポイントとして押さえておくとより納得のいく物件の購入ができるでしょう。

新築一戸建ては売却の時のことも考えて購入

一般的に憧れのマイホームとして新築一戸建てを購入するときには、間取りやデザイン・建材などが住む人の希望に合うかどうかに意識が向きがちなのではないでしょうか。

しかし新築一戸建てを購入する時には、売却する時のことも考えておく方が良い場合もあります。

なぜなら、売る必要が出てきたときになかなか売れないとなると困ることになるからです。

家を選ぶときには安全性や住みやすさなども重要となりますが、これら以外の家選びのポイントの1つとしては資産価値があるかどうかも挙げられるでしょう。

もちろん何を重視するかは人それぞれであるため、最終的に売ることを考えないで好みに合うような自分にとって満足度の高い家を建てるのも悪いわけではありません。

とはいえ一般的には受け入れられないような間取りだったり、独特の形状の土地だったりする場合には売却する時に評価が低くなってしまうことも考えられます。

新築一戸建てを購入するなら、後々のことも考えておくのがおすすめです。

著者:天野友幸

筆者プロフィール

宮崎県宮崎市生まれ。
建設に興味を持ち、住みやすい家づくりについて勉強中です。